建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

藤原氏の復活

二週間のご無沙汰でした。SALです。

前回「藤原氏の野望は潰えたことになります。」と言いながら、「いずれ運良く復活しますが…」と付け加えましたので、その点に触れたいと思います。

天武天皇は、即位すると共に政治中枢から全ての豪族を排除し、完全なる皇族独裁体制を確立しました。
それを可能にしたのが壬申の乱であり、これなくしては「公地公民制」の実施は不可能だったでしょう。
当時、藤原不比等は未だ若輩で、他の豪族達と同様に政治の中枢からは、離れた位置にいた訳ですが、
そのような状態から、藤原氏栄華の基礎を作った不比等とは、天才的な策略家だったのでしょうか?

父の鎌足に劣らぬ野心家であり、勉強家であり、努力家だったようではあるが、やはり「偶然」というファクタも多分にあったと思います。
誤解されないように、くどいことを承知で繰り返すと、
「班田収授の法」が、「三世一身の法」から「墾田永年私財法」へと改変され、最終的に「荘園制」なってしまったのには、歴史的必然性を感じますが、その権力の中心に藤原氏がいたことには、偶然と言うファクタは否定できないと思うのです。

それは、天地天皇の娘であり、天武天皇の皇后だった持統天皇に取り入ることができたからでしょう。
持統天皇が、父天智天皇にとって最大の功臣である鎌足の息子である不比等を重用することは当然のように思うかもしれないが、
本来なら、天武天皇の後を継いで即位するのは、皇后ではなく皇子達から選ばれた筈です。

皇位を継いで持統天皇として即位したのは、「自らの血統(孫)に皇位を継がせる」為の執念であり、不比等はその結果運良く足がかりをつかんだに過ぎないと思うのです。
但し、他の皇族を排斥した関係上、天武天皇の時のような皇族による独裁体制が維持できなかったというおまけ付です。
勿論、その後有りとあらゆる手段(陰謀)で、その座を確固としたのは、不比等及びその子孫の力であることも事実でしょう。
不比等が成功した要因の一は、時代の流れを読み取り、天皇に取って代るのではなく、寧ろ律令国家を都合の良いものに変質させたことです。
日本書紀に見られるように、天皇を天照大神の子孫と位置づけ(即ち、皇族のみが文字通り天子の資格を有する)、
その上で、自分達がそれに寄生するために、全ての政敵(皇族も含む)を葬り、徐々にではあるが、結果として公地公民制を完全に切り崩してしまったのです。
つまり、持統天皇という存在がなければ、只の一貴族に過ぎなかったと思えるのですが、如何なものでしょうか?

超ど素人のSALが勝手な妄想をくどくどと続けてしまった「日本史シリーズ」ですが、興味のある時代を過ぎてしまったので、この辺りで終了したいと思います。
お付き合い有難うございました。

コメント