建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

2012年が良い年になりますように・・・

今年は東日本大震災や原発事故の直接ならびに間接的被害で厳しい年になりました。
被災地の皆様の物凄い気力には頭がさがりますが、復興はまだまだで、長期間かかると思われるので、私たちに出来る範囲での継続的な支援こそが大切であると考えます。

Ks’にとっては、今年も多くの新しい出会いがあり、充実した年でした。
仕事は勿論、趣味の分野でも多くの方々にお世話になり感謝の気持ちで一杯です。
特にオーディオに関しては、各プロフェッショナルの皆様に技術的なことをお教えいただいたり、アドバイスをいただき、有難うございました。

今年のプライベートな目標のうち、音楽関連の目標(SACD制作やライブなど)はすべて達成できましたが、オーディオは目標を定めてなかったこともあり、大きな進化はありませんでした。

そんな中で、Ks’がオーディオ面で強く感じたことは、PCオーディオの普及は嬉しいのですが、音質評価の際に、再生楽曲、再生ソフト、サウンドデバイスの3つが明確に切り分けされてない状態での評価が多く、Bye Bye Blackbird的な考えに偏っていたこと。
さらには、DA変換を含め、それ以降のオーディオの本質的なパートを抜きで議論されていることが多いのが、残念でなりませんでした。
一番がっかりしたのは、某メーカーの宣伝用技術解説でした。
メーカーなので売ることに全力を尽くすことは当然ですが、「明らかに間違った(実現不可能な)ことを、さも本当の(実現できた)ように書くべきでない!」と思うのはKs’だけでしょうか?

趣味なので、色々な考えがあって良い訳ですが、現実のデジタルオーディオを見据えて、何処にボトルネックがあるのかを考えてみると、Ks’は「DACのリアルタイム処理で出来ることの限界」と「プリアンプ以降スピーカ迄のアナログ領域で確保できる過渡応答とDレンジ」の2点だと思います。

来年はシステム全体でこのボトルネックを解消、もしくは緩和する方法を模索し、目標を掲げて研究してみたいと思います。

では、2012年が皆様にとって、良い年になりますように・・・

コメント