建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

師匠、わが愛

人生で家族と友人の次に大事なのが勝ち点3、LEOでございます。

私が名古屋グランパスのサポーターになったのは、
Jリーグが始まった年ですから、かれこれ28年になります(年齢がばれますね)
とはいえ、今ほど熱心に応援していたわけではなく、
いわゆるガチ勢となったのは、せいぜいこの4年ほどになります。
経緯としては、2016年にJ2という下位カテゴリーに落ちてしまった時に
『ああ、私が応援しなかったばっかりに、J2に落ちてしまった。。。ならば、ここは私が生涯をかけて応援しなくては 』
と深い自責の念に駆られ、一念発起したからであります。

このようにクラブに対する熱に波はありましたが、
チームのマスコットのグランパスくんに対しては、長年変わらない深い愛情を持ってきました。

グランパスくんはサポーターから(グランパス)師匠とも呼ばれています。
私も通常は師匠と呼んでいます(師匠と呼ばれている理由はこちらにて)

ぽっちゃりしたおなかと短めの足、愛くるしい見た目、
にもかかわらず、スタジアムではセグウェイを乗りこなしてサポーターにあいさつに回る身の軽さ
しゃべりはしませんが、筆談となれば、河村市長に匹敵する名古屋弁
すべてが可愛いのです。

また、他クラブのマスコットには無い特徴、裸族であること、つまりグランパスのユニフォームを着ていない、
これもアウェイに出向いても、下手に敵対心をあおらず、  他クラブのサポーターからも愛されるゆえんです。
毎年開催されるJリーグマスコット総選挙では、
53体?いるマスコットの中で、2018年・2019年と史上初めて2年連続でマスコット王もなっています。

今年の名古屋グランパスのファンクラブの会員のカテゴリーにおいて、
通常のコース以外にグランパスくんコースというのが設けられ、
追加でお布施(別料金ともいう)を納めると、グランパスくんグッズのプレゼントのほかに、
なんと、スタジアムでグランパスくんとツーショットの写真が撮れる権利があるのです。
ただし抽選ですが。。。
もちろん、お布施していますよ。
今まで3回応募していますが、まだ当選していません(トホホホ

私の目下の願いは
子供の成長でもなく、
ゴルフの上達でもなく、
この抽選に当選して、グランパスくん、いや師匠と並んで写真をとることであります。
神様、お願い!

ツーショット写真が撮れた暁にはまたこのブログにアップロードしたいと思います。
それではまた。


通常運転の師匠


コロナ下の師匠


家族とチアグランパスとの記念写真

コメント