建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

趣味は何だろう

はじめまして、SAL9002です。(以降SALと略記します)

今回は本来話題とすべき事件?が無いので、趣味の話をしたいと思います。
と言うのは、先日自己紹介を書こうとして、趣味の欄ではたと困ったからです。無趣味と言う訳ではないのですが、自分の趣味とは一体何なのか解らなくなってしまいました。「何か作ること」が好きなのは確かですが、その対象がはっきりしません。

現在、僅かに手元に残っている成果物(大抵は最後に作ったもの)は、
アマチュア無線のソリッドステートSSBトランシーバ(当時はハイブリッドしか無かった)
A級のトランジスタメインアンプとドルビーもどきノイズリダクションシステム
HONDA-RC166と3気筒のMVAGUSTA500のプラモデル(プロター製)
鉄道模型(N-Gaugeレイアウト)
IMSAI8080(カードはオリジナルを含む和製)
ぐらいです。
他にはバイクも好きで、TTF-3で数年走りましたが、写真しか残っていません。何れも十年以上も前の話です。

視力が落ちてきたことと、そのせいか不器用になってしまったことで、最近は日本史関連の本を読んでは勝手な想像(これも創造か?)をして楽しんでいます。
「歴史ブームだから」と言うわけではなく、それ以前から「聖徳太子」や「壬申の乱」に関わる本を読んでは、あれこれ思いをめぐらしていました。但し、ブームのおかげで素人向けの本が多く出版されたことも要因には違いありません。(古文や漢文は、例え印刷物でも苦手です)

現在の興味の対象は、日本に初めて中央集権国家(律令国家)ができる迄と、やがて実質的な崩壊に至る過程です。
事象で言えば、「曽我×物部戦争」から「平家滅亡」辺り迄です。
兎に角、学生だった頃(実は苦手科目だった)には到底理解できなかったことが、別の視点から何か見えてきそうで、とても面白いです。
今後、機会があれば理系脳のSALが史実から妄想した話でもできたらと思います。