建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

新しい発見!

はじめまして、versusと申します。

みなさんバーチャルキーボードというのはご存知でしょうか?
簡単に赤外線レーザーでキーボードを机の上などに投影して、その投影された部分を叩いて使用します。
非常に画期的で、数年前に情報誌でみて欲しいと思っていました。

それからあまり情報が出回らず、当時調べていたところ問題点があるとのことです。
反応速度の問題と本体から放射線方向へ並んだキーの同時入力は検知できないという・・・
Tetra21でたまに使用する「Shift」+「Ctrl」などができないのです。
その時は結局そのまま買わずじまいでした。
(値段が少し高かったのも原因ですが・・・)

先日少し気になったので情報を探してみましたが、金額などの面や問題点もあり難しそうです。
多少対策はされているものの、据え置きキーボードとまったく同じとはいかないみたいですね。

Windowsを使う上でキーボードと一緒に、現在ではマウスも必須です。
最近のマウス自体は光学マウスが主流になっています。

逆にボール式マウスなど、最近は見ないようになりました。
据え置きのトラックボールが上に乗っているもの、ワイヤレスでレーザー式のなども訪問ユーザ様のところでたまに見ます。
通常みなさんがよく使用されている何気ない機器も常に進化しています。
Tetra21の入力ではマウスがメイン操作なので、一度電気店などに行って色々見てみるのも面白いですね。
新しい発見があるかもしれません。

 また、何か新しい発見をした場合にはぜひ教えて欲しいと思います。

コメント