建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

オフ時における気持ちの切替

仕事柄、オンのときは気忙しく、その場で意思決定しなければならない事が多く、ストレスが溜まります。
特にきついのは、出張などの出掛け間際に新たな問題が発生することで、ものすごくストレスが溜まります。
でも、人それぞれで、このようなストレスの無い仕事は、私には耐えられません。 極端な言い方をすると「難問の問題解決することを楽しんでいる」と言って良いのかも知れません。 これは、「仕事をなめている」とか「真面目に取組んでいない」ということではありませんので誤解の無いよう。

また、仕事において適度のストレスがあることが、健康上は良い方に作用するらしいです。 問題は「そういったストレスと、どのように上手く付き合っていくか?」だと思います。

一番はオフの時の過ごし方では無いでしょうか?
最近、気をつけている事があります。
それは、オフの時は意識的に自分のスレッショールド(閾値)を下げるように努力することです。
ここで言うスレッショールドとは「物事に対して自分が満足できるレベル」のことです。 オンの時は下げることはできませんが、オフの時は下げても何の悪影響もありません。無意識でオンの時のスレッショルドでオフの時も過ごしていたようです。
こういった意識を持つだけで、あらゆる面でオフの時が楽しくなります。
すなわち、自分の相手に対する期待値を下げる訳ですから、相手がそのスレッショールドをクリアし易くなります。 そして、クリアしてくれたら喜びになったり、感謝できたりで、不満が少なくなって笑顔が増える訳です。
その相手が、家族や友人、時には店員だったりしますが、このような簡単なことで幸せを感じ、オンの時のストレスを充分に中和することができます。

「もっと早く気が付けば良かったのに」と思いますが、気が付いていなかったのは自分だけだったりして・・・・

コメント