建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

PCオーディオの目的?

K’sです。 最近、多くの方々から Wave File Player の音質評価レポートをお送りいただいております。
ほとんどの方が「より良い音で聴きたい」という思いは同じですが、「PCオーディオの目的」が人それぞれで違うようです。

・ノートPCを使用。
・比較的ライトなオーディオ装置と接続して再生している。
・PC → 外付DAC(アナログ出力)→ プリメインアンプへ
・CDをリッピングして保存、PCの検索機能を使って目的のソースをすばやく再生したい。
・CDより高音質な音で聴きたい。
という方が圧倒的に多いようです。

私のように、純粋にオーディオが好きで
・デスクトップPCを使用。
・本格的なオーディオ装置と接続して再生している。(切り替えなど面倒な操作も苦にならない)
・PC+サウンドカード→(デジタル出力)→ 単体DAコンバータ → プリアンプへ
・ハイビット、ハイサンプリングのデジタルソースも再生したい。
・究極の高音質再生にチャレンジしたい。
という方は、まだまだ少数派のようです。

皆さんから「どんな機器を使うと良い音になるか?」という質問が多いですが、「一切お答えしておりません」と言うより「お答えできない」訳です。
最終目的は「音楽を聴いて楽しむこと」ですから、その方が期待する音質に見合うオーディオ装置が必要になりますが、残念なことに、これを抜きにして「強い思い込み」と「都合の良い理屈」で発言される方が多いようです。

期待する音質によって、オーディオ装置を整備する難易度も異なりますが、基本は入力ソースの微妙な違いを判別可能な状態にしておくことではないでしょうか?
それに加え「生の演奏を聴く」機会を持つことも大切です。
すなわち、耳を養っておき、正しい判別ができるようにしておくことです。
これにより、ほんの僅かづつでも高音質再生に向けて前進することができ、長い月日の間に物凄い差ができる訳です。

私は趣味のオーディオとはこのような事で、近道は無いと理解しています。
今迄に、高価なオーディオ装置を所有している方なのに、部屋まで含めた特性のせいか、実にプアーな音で再生しているケースも沢山耳にしてきました。
それよりはヘッドフォン出力が付いた外付DACとヘッドフォンだけで聴いている方のほうが、遥かに良い音だったという記憶もあります。

今後は、再生ソフトの良し悪しを判断することも増えると思いますので、確かな耳を持った方を集って一緒になってPCオーディオを実験・研究して行ければ、と考えています。