建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

震災からの、いち早い復興を!

K’sです。
このたびの東北地方太平洋沖地震で激甚災害に遭われた方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。

お陰さまで、私共の会社の社員および家族ともに、知りうる限り人的な被害は発生いたしておりません。
ご心配いただきご連絡をいただいた皆様には、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

若干、業務に支障をきたしますが、役員会にて協議の結果、震災への支援の方々や地元の方々の移動を優先させたく、東北地方の出張をライフラインの復興まで、東京23区を含むを関東地方への名古屋本社からの出張は、3月14日~18日の間、見合わさせていただくことにしました。

私どもの顧問のIさんは仙台市在住ですが、灯油と水が無く困っていました。
送るのは勿論、持参することもできないので、手の打ちようがありません。
幸い、昨日の雪を風呂桶に入れることができたそうで、それを溶かして電気ポットで沸かして飲料水にすると言ってました。

仙台市でこのような状態なので、海側に近い地域の方々はとんでもない状況であることと察するしだいです。
また、救助活動、支援活動をしている方々を見ると、頭が下がる限りです。
色々考えても、私たちにできることは、義援金くらいしかありません。
取り急ぎ、K’sも第一回目の義援金を送りましたが、復興に必要な金額からは「雀の涙」にも及びません。
何かのオーディオ装置を買ったつもりで、第二弾、第三弾、と工面したいと思います。

こんな時期には、なかなかオーディオ装置で音楽を聴く気になれません。
まして、K’sのアンプは純A級のマルチチャンネルですので、電気を大喰らいします。
暫くは、自粛して効率の良いD級のアンプと小型装置で聴くようにしたいと思います。
国民皆での支援は勿論、協力しあって、早く「気持ちの良い音が聴ける日」が来ることを、節に願うばかりです。

少し、暗くなってしましましたが、「SMILE」の歌詞を思いうかべて、お互い頑張りましょう。

コメント