建築・設備見積りソフト、見積システムの事なら 和田特機株式会社

建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズ 好評発売中

和田特機株式会社HP

入浴と読書とiPadと・・・

こんにちはLEOです。かなり久しぶりの投稿となりますが、しっかり生きながらえております^^

さて、2012年も1ヶ月を過ぎましたが、普段三日坊主で終わってしまう私が今年になってから1日も欠かしたことが無い事があります。

それは、入浴しながらの読書です。

だいたい45分~1時間程度湯船に浸かりながら、本を読みます。

最初は、湯気で本がダメになるので、浴室へ持ち込むのに抵抗があったのですが、

「本は使ってなんぼ、実用重視!ダメになったらまた買えばいい」と割り切って、持ち込んでみました。

すると、どうでしょう。当初心配していた湯気で本がダメになることはありませんでした。もちろん、適度な換気は必要ですが。

 

このようにいい感じに読書ライフを送ってきたのですが、最近、ひとつ不満に思うことが出てきました。

それは、本を読んでいると、書いてある事柄に関連のある事や、知らない事、言葉などに出くわした時に、

すぐに調べたくなるのですが、入浴中だとそれが出来ないのです。

調べたい事が出てきたら、とりあえず憶えておいて、風呂から出た時に調べようとしたのですが、悲しいかな、年のせいで調べたい事を忘れてしまうのです。

もっとも、メモを持ち込むとか方法はあるのでしょうが、気になることはすぐ調べたくなってしまいます。

そこで、本だけでなくiPadを持ち込むアイデアを思いつきました。iPadなら知らない事が出てきた時、すぐにネットで調べることが可能ですし。

とりあえず、そういう馬鹿な思い付きをする人がいないか、ネットで検索したところ、いるわ、いるわ、同じ事を考えていたご同輩が^^

方法は二通りあって、リーズナブルに済まそうと思えば、キッチン用品のジップロックで代用する。もうひとつは専用の防水ケースを購入する事です。

 

防水する手段はさておき、ひとつ心配なのは、iPadを浴室に持ち込んだら、読書どころか、ついついネットをやってしまわないかという事です。

入浴中にもネットなど、ネットジャンキーの末期症状だとも思えますので、少し抵抗感があるのが正直な気持ちです。

私の友人で、入浴中にネットをしたいがために防水仕様のスマートフォンに乗り換えた強者もおりますが・・・。

しばらくは悩みが続きそうです。

MP900431665